FC2ブログ

☆麻縄使い☆流れ星☆の緊縛日誌☆

※ M 女子は綺麗に縛ってやりたい。破れかけた心の襞まで… 魂を抱き(いだき)満る様 それが貴女の もう一つの物語となる様な緊縛を僕はして行きたい。欠けた月がやがて満月となり 輝く光で周りを照らせるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 麻縄作成





使っていた 麻縄 最近吊りたおしたせい?か 若干 腰が抜けて来ました。まぁ 最初の仕込みもあると思うのですが









という事で 生縄より 作成

2014-10-31-20-52-02















今回は、同じ6ミリでも太い目の6ミリ選びました(^^)

2014-10-31-20-51-10















UPは、こんな感じです。

2014-10-31-20-50-29















吊りを意識して シッカリ仕上げ










同じ素材で、紅縄も作成中(^^)










☆ 趣味が講じる? 2


こんにちは(^^) 又、来ました。と この前の革工房に





ここのご主人いつも愛想が良い





今度は、こんな革が欲しいのですが?





やはり 二階の工房へ案内してくれる。工房は周りが革だらけ ♪





チョット厚さが、おっしゃるものないですねぇ





そうですか^^; じゃ色違いでないですか? 何種類か触らせて頂くが丁度いいのがない。うーん(・・;) と いう顔をしていると?





これは おっしゃる革より厚いですが、お客さんの希望の厚さに削れますよ。 と、ご主人。






?? 時間掛かるのですか? と、私






イヤすぐです。





お願いすると。革をカットし これがないと私達商売になりませんので と言いながら 機械にかけ 目の前で革を削ってくれる。





ヘェ〜 革ってこんなに加工するのか?と感心しながら待つこと 約15分? 今度は最新式?らしい厚さを測る機械で厚さを測りながら





さぁ 出来ましたよ おっしゃる通り1.2mmです。と笑顔でおっしゃる。どうやら0.2mm位の単位で調整出来るようである。





ここのご主人 とにかく愛想が良いし親切(^^)





それに 手芸店で購入する革に比べて 品質も良く安い!オマケに希望の素材をまるでオーダーの様に作ってくれる ♪





金具やポンチ、焼入れする小物 道具なども売っている。便利!親切!安い! こんな良い店 本格的にレザークラフトを趣味にする人には堪らないだろうなぁ?と思い 思わず笑顔がこぼれる私なのだが、反面 凝り性であり、縄好を自認する私としてはレザークラフトに凝らないか?少々不安な複雑な心境である(^^)






と いう過程を経て作りました☆ 五代目!

画像1



グリップの長さ25cm 房の長さ65cm 房の本数12本 のバラ鞭 ☆





案外難しかったのは、釘の打ち方^^; 打ち直そうかなぁ と思いながら 使用には 問題無しかと(^o^)





一本鞭と組み合わせると?

画像1


結構迫力ある絵図となった?






思わず三兄弟と

画像1



集合写真撮ってしまったf^_^;





縄好きが、こんなになに沢山 何するねん?





って感じですが、鞭に関しては、作るのが楽しいので(^_^)v





勿論、実用性も兼ね備えておりますので、使用ご希望の方には 緊縛付きで( ̄Д ̄)ノ




☆ 趣味が講じる?


今週のプレイ 残念ながら お相手の体調不良につき 無くなってしまった(>_<)





っで やっと探しだし 届いていた天然ラタンの素材で




作ってしまいました(^^)

画像1


ラタン ショートケイン 全長45cm 内持ち手は15cm






実は、二代目 初代は、素材の質が悪かったので





この長さ 自分的には絶妙 ♪ 第一 愛用のバッグにギリ入り 持ち運びに便利!





本来の鞭打ちという目的より、指示棒というか プレイの最中手にしてると色々便利 男の子がオモチャの刀を手にしたような感覚なのです(^^) 痕も付けたりしますが?ソフトな責めにも役立ちます。
特に先っぽの丸さはこだわって ニスも重ね塗りし ツルッと仕上げています(^_−)−☆







で 来ないだ見つけた 革工房に出向き 又々素材 買ってしまいました(^_^;)






先ず 前に作っていた 乗馬鞭の先を交換

画像1


結構使えそうな感じに(^^)






前に作った ベルト鞭と 三兄弟!

画像1


良い感じじゃないだろうか?



(^_−)−☆

☆ 三代目? 四代目?


又々 鞭作成(^^)



これは、三代目ベルト鞭

画像1



今回は、黒革 ♪

















こちらは、四代目 バラ鞭

画像1


今回、九尾にしたかったが? 持ち手に入らず 六尾f^_^;



























と、いかにも 二本作りましたが…






実は、

画像1


こんな大きさの 可愛いミニサイズなのです(笑)(笑)



実は、この間作った一本鞭の皮を無駄にしないよう シャレで作ってみました(^o^)



でも 使い方も有るような?



☆ 二代目

☆ 必死にと言う訳でないのだが、何と無くさがしていた 皮の素材。仲々見つからずほぼ諦めていたのだが、灯台元暗し とはこの事 !なんと なんと いつも利用する近くの大型スーパーの 近所に皮工房を発見☆

おそるおそる入ってみると 愛想良くご主人が対応してくれた ♪


こんな皮の素材が欲しいのですがと言うと 2階の工房へ案内して頂き 素人の趣味の為に これ又 目の前で 牛半頭分の皮から切り出してくれる。牛半頭分の皮にも感動したが、多分使えなくなる部分が多く 勿体無いですね。というと これが皮なんです。と当たり前のように仰られ 切り出して貰った皮も 工場直仕入れらしく充分コートにも出来るであろう素材が おどろきの安さ!

牛半頭分の皮を見ると 皮って 命あるものから作られていることが実感出来 大事に使わないといけないなぁとの思いが…


って事で 二日かけて丁寧に作ってしまいました(^^)



20140112094244fc6.jpg


グリップエンドから編み込み部分は 1m 房部分は15cm


今回は二本目でもあり、素材も探していた通りの本物 ♪ グリップエンドの金具探しに苦労したが、見た目は 満足の出来る物が出来上がった(^^)



鞭に関しては、作るのがたのしい ♪





☆ メインの麻縄を (^^)

もう 二年近く使って来たメインの吊り縄 若干腰が抜けかけてきましたので 水曜日 新しく購入しました(^^)





やはり 生縄で

画像1


今回は、100メーター




色んなスチエーションに 対応出来る様 単純に 7.5m×6本 8.5m×6本 の合計12本作る予定です。






煮舐めし後は

画像1


こんな感じで 毛羽だらけ(^^;; 前回の 紅縄は若干強目の腰が残ったので、今回は少し煮込み時間を長くしてみました。






陰干し 毛羽焼き 油入れも終わり 一晩置くと 綺麗になりましたが?

画像1







今回は、蜜蝋も購入 蜜蝋の調整 チョット大変でしたが 塗ってみました

画像1



写真では、解りにくいのですが、一晩置くと?光沢も増し サバキも良さげに ♪




なめし後の腰も ベストかと(^^) 即戦力の使いやすそうな縄に仕上がりました☆





光沢が良くなったので この前作成した 紅縄にも蜜蝋を

画像1


蜜蝋 正解 ♪ 光沢が増し 紅が際立ちます(^o^)





サバキも良く成るし 手間は増えましたが




油入れは馬油+ベビーオイル コーティングは、蜜蝋!




いいですなぁ(^_−)−☆





☆ 新しいワインレッドの麻縄

土曜日完成 擦り舐めしのつもりで 練習台縛って 五日




本日 2度目のけば焼き☆

画像1





ようやく 使えそうな縄になってきた(^^)



☆ 完成 !(^^)

木曜から仕込んでる 染め縄完成!


麻縄の染めに初めて挑戦したけど、思った通り生縄の煮なめしと染めの煮込みが共用出来る事確認出来た ♫


色もほぼ思った通りの ワインレッド 生縄からのなめしとしても 若干強めの腰が残り、さぁこれから私成長します!って感じ?



これは、成功といえるなぁ☆〜(ゝ。∂)

画像1




仕上りサイズは

画像1



6mm × 7.2m 5本

6mm × 8.0m 4本

6mm × 8.5m 1本 ( ある縛りの為一本取りたかった)



今回、満足( ̄^ ̄)ゞ

☆ 麻縄購入(^^) 只今仕込中 ♫


練習しているうちに チョット閃いた縛りがあり、急遽 麻縄 生縄で購入(^^)


画像1




これは、赤縄やろ?って縛り方なので、今回は、染め縄にも挑戦!

煮なめしと 染めも煮るので 手間はかかるが、有る意味一石二鳥的な(^^)


煮なめし 染色 陰干し 毛羽焼き 油入れは二日かけて終了!


ほぼ予定通りの ワインレッドに仕上りそう ♫

只今 熟成中

画像1




今夜には、使える縄となりそうだ (^_^)


新たな仲間が、加わった☆


縛られたい人この指とまれ(笑)




☆ 愛用の道具達 1



既に消されてしまったが、以前書いていたブログ そちらでは、愛用の道具達の事も書いていた。このブログに帰ってきたが、最近は、プレイに必須の道具達の事は、全く書いていない。それでは不公平?(笑)と思い紹介してみたくなり、この記事を書いてみた。



■ 愛用の縄達(^^)



画像1


⇧この縄は、5㎜と細い麻縄である。何も解らず初めて買った麻縄は、4.5㎜ それは、女性の身体に負担が多く昔の主流の太さ であり、今は、プロの縄師の方々を始め多くの方々が 6㎜の麻縄を使用している事を知り、私もそれにならった。
しかし、麻縄を使う方は、一度は思われた事があるのではなかろうか?もっと細い麻縄が欲しいと?アマチュアは、細い麻縄を使うべきではない。下手だから細い縄を使いたいのだろう。色んなご意見があり、色んな考え方があり 又 色んな流派がある事は承知している。
勿論、安全の事は十分に考え勉強は忘れないつもりでいる。この縄を拷問的な緊縛に使うつもりもない。緊縛により、後日 お互いネガティブな問題を抱える事はあってはならない事と考えている。でも私は、流派や特定の考え方にとらわれず 自由な緊縛を楽しむアマチュアでありたいのだ。やはり、細かな縛り、結びをより可能にしてくれる細い縄の使い心地は 格別なのだ ♫(今の 私にその技術があるかどうか?は不明であり、それは第三者の方に委ねるものであろうが、この細い縄を使うに値する者になりたいと思い 日々精進の精神は持ち合わせているつもりである。)
この縄は、ネットで見つけた I社製の5㎜縄である。生縄を購入し自身で鞣しを加えた。長さも 1間1.8m×4間=7.2mであり こだわってみた。床縄仕様の愛縄である。(^ ^)








画像1


⇧ここの縄は、もう数年使っている。ネット店舗では、この世界の巨匠が映画で使用した縄とされている。本当かどうかは、調べる術もない。購入後手直しの鞣しを加える。
しかし良い縄である ♪ しなやかで、結び易く 床縄メインに 時には吊りにも使う。まず手にするのがこの縄である。使えば使うほど手に馴染み 微妙な光沢が増して行く。余程素材が良く製造過程が良いのであろう。いわゆる縄が成長して行く。適宜メンテナンスを加え私のペースで使っているが、ヘタらず。痩せにくく。使い心地は揺るぎもしない。
難を言えば、7mしかない。後50㎝長ければと思う時がある。8mが欲しい。販売店に問い合わせ 8mをオーダーしたい所であるが、それには至っていない。
いずれにしても私の一番の愛縄である。(^_^)









画像1


⇧この縄は、多分 今、日本で一番使われているのではないか?皆さんよくご存知の N社の6㎜縄である。7m 8m 10mとラインナップも豊富であり、 絞りも緊密である。信頼感抜群!で、私が吊りに使用するメインの縄である。 7m 8mの二種類所有している。
この縄は、若干不満もある。購入後、やはり手直しの鞣しを入れて使用する。 しかし、絞りの緊密さ故か、結びや留めが若干荒くなる。その絞りの強さ故痩せにくいが、適宜メンテナンスを入れてゆくと急に腰が抜ける時期が来るのである。素材の問題と思っているのだが? 縄は消耗品でありその意味では、当たり前と言えるのだが…
どちらにせよ信頼感抜群のこの縄は、私の吊りに使用する。愛縄である。(^_^)





◼︎

画像1


⇧2013 / 11月新たに仲間入りした 6mmの色縄である。I 社製の生縄を購入 自身で なめし と 染めを加えた。可愛い赤で無く 深いワインレッドが欲しく 染色のマニュアルを見てチャレンジしてみたが、幸いにもほぼ成功と言えると思う(^^) なめしとしても やや強めの腰が残り 『 使って下さい。これから成長します!』と縄が言ってるよう?(笑)で良いと思う。前から 生縄の煮なめしと 染めの煮込みは、共用出来ると思っていたが、手間は増えるが生縄なめしは、どちらにしても鍋で煮込むのでこれは使えると思う。
縄 自身は、絞りも強すぎず弱すぎず 床縄 吊り両方に使えると思われ 重宝しそうな縄であり 成長も楽しみな縄である。
7.2m × 5本 8m ×4本 縛り方をイメージし 8.5m ×1本作成した^_−☆







画像1


⇧この縄は、私が5本だけ所有している8㎜縄だ。麻縄初心者の頃、何も知らず。高ければ良い縄であろうと慌てて買った縄である。当初、割りの亀甲縛り(菱縛り)や後手縄の練習に使用したが、残念ながらやはり太すぎであった。(^_^;)ここに紹介する麻縄以外に何本も二軍となった縄もあれば、人にあげた縄もある。本来ならここに登場しない縄であるのだが、この縄には、私にとって重要な仕事があるのだ。
やはり購入後一度手直しの鞣しを入れており、適度に腰がとれている。そこそこの値段もあり素材は悪く無い。8㎜縄だけあって切れる心配もない。私は、アマチュアであるが、吊りが好きである。が、専用の梁のあるスタジオ的な部屋を持っているわけでなく 普段はラブホの部屋を使用している。( そこそこの緊縛歴もあり、小まめに調べた 吊りの出来る部屋は、近隣府県も含めればかなりの数にのぼりますが?・笑)

要するにどんな梁を使用するか分からない私にとって 吊り床を作るには、この麻縄は無くてはならないのである。7mの長さは色んなシュチエーションに対応出来これまで不便を感じた事はない。科学繊維では無いので、雰囲気も壊さない。
吊りの時は、常に2~3本携帯し、適宜ホコリを拭き取り、ファブリーズをし、油も入れ、ケバ焼きもして、大事にしてあげている。(^_^)








画像1


⇧ご覧の通りのカラビナです。私は若かりし頃、登山をしていた。それも結構本格的な?命を担保する ザイルの結び方や体を確保する支点の作り方は、かなり緊縛に通じるものがあり、私が縄に魅かれ 吊りが好きになったのもその時の体験がかなり影響している。元々ロープや縄が好きなのだろう(^ ^)
吊りを教えてもらった時、カラビナを使用しているのを見た瞬間 私の頭の中には、登山用品店しか浮かばずカラビナに対する質問は浮かばなかった。
写真のカラビナも勿論アメリカのメーカー品であり、登山用品店で購入した。7KNとは、7キロニュートンと読み、1キロニュートンは、100kgである。↕7KNの意味は、瞬間にカラビナにかかる衝撃の力(人が落下した時など)に対し700kgまでカラビナは壊れない。と言う意味であり、7KNのカラビナは、通常、引っ張り強度2400kgまで大丈夫である。
登山は過酷な状況のスポーツであり、しかも素材は強化アルミで軽く錆びにくく 壊れにくい。登山用品店で購入するカラビナは、信頼感がある。価格もSM店舗と遜色はない。
簡単に言えば、不良な状態でない ↕7KNのカラビナは、ロープが切れず 結びが解けない状況として、お相撲さんを吊ろうが、数メール落下しようが、カラビナは壊れないという事である。(^_^)








 | HOME |  »

プロフィール

nagareboshi55ipbg

Author:nagareboshi55ipbg

☆麻縄使い☆流れ星☆


SMという行為 緊縛という行為 世界中にあると思ってます。又、良くも悪くもそれが人々の心と本能の根底に響く行為である。と いうことも?

たまたま 農耕民族であり手先が器用で 細やかな心使いの出来る人々が多く 島国であり 村社会という独特な環境が永く続いた 日本という国に生まれ 育った私は 麻縄を使った緊縛という行為に魅せられました。


麻の縄という道具を選び 先人達の試行錯誤により 考えられ 伝えられた技は 理に叶い素晴らしいものであると思います。ようやくその入り口を覗いたに過ぎない私であろうと思いますが、怪我をさせぬ様 日々の生活の妨げとならぬ様 又、礼節をわきまえ 時と場所を考えて 大好きな麻縄を使わせて頂ければと思っています。


包み込む縄 優しい縄 厳しい縄 綺麗な縄 時に 許さぬ縄 淫らな身体と心を縛り付ける縄 色んな縄があり 其々の縄があってしかるべき 人が人であり 受け手 縛り手 双方の存在意義があり 心の叫びを満たせるもので有れば それで良いのかな? と
そこに伝統芸能の持つような 美しさのテイスト 色香を放つ美しさ 本来の心と身体が出会った美しさ 安心感が滲み出すようであれば、私は、尚 嬉しいと感じます。


綺麗事だけじゃぁすまないし 本能をさらけ出す場所でもあるのが 緊縛でありSM でもしかし、誰もが求める あるがままに 自然なままに 不安や恐れのない 自分は自分である との存在を感じる 居場所であれば…

※ ただプロに縛られようが、アマに縛られようが 「 先ずは安全に 無事帰してネ 」という受け手さんの心は同じ。 そこは、大前提と考えております(^^)



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SM 緊縛 日誌 (193)
緊縛カフェ(お話の場所) (5)
SM・愛用の道具達 (13)
未分類 (0)
つぶやき… (3)

ブロとも一覧


メス豚の飼い方

ブラックダイヤモンド他人棒寝取らせマニア

淫乱婚約者AYAの性育日記

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

あの日の緊縛

私の愉しみと内緒のお話し

アブノーマルなLOVEライフ

SM淫語blog

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。