FC2ブログ

☆麻縄使い☆流れ星☆の緊縛日誌☆

※ M 女子は綺麗に縛ってやりたい。破れかけた心の襞まで… 魂を抱き(いだき)満る様 それが貴女の もう一つの物語となる様な緊縛を僕はして行きたい。欠けた月がやがて満月となり 輝く光で周りを照らせるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 愛用の道具達 1



既に消されてしまったが、以前書いていたブログ そちらでは、愛用の道具達の事も書いていた。このブログに帰ってきたが、最近は、プレイに必須の道具達の事は、全く書いていない。それでは不公平?(笑)と思い紹介してみたくなり、この記事を書いてみた。



■ 愛用の縄達(^^)



画像1


⇧この縄は、5㎜と細い麻縄である。何も解らず初めて買った麻縄は、4.5㎜ それは、女性の身体に負担が多く昔の主流の太さ であり、今は、プロの縄師の方々を始め多くの方々が 6㎜の麻縄を使用している事を知り、私もそれにならった。
しかし、麻縄を使う方は、一度は思われた事があるのではなかろうか?もっと細い麻縄が欲しいと?アマチュアは、細い麻縄を使うべきではない。下手だから細い縄を使いたいのだろう。色んなご意見があり、色んな考え方があり 又 色んな流派がある事は承知している。
勿論、安全の事は十分に考え勉強は忘れないつもりでいる。この縄を拷問的な緊縛に使うつもりもない。緊縛により、後日 お互いネガティブな問題を抱える事はあってはならない事と考えている。でも私は、流派や特定の考え方にとらわれず 自由な緊縛を楽しむアマチュアでありたいのだ。やはり、細かな縛り、結びをより可能にしてくれる細い縄の使い心地は 格別なのだ ♫(今の 私にその技術があるかどうか?は不明であり、それは第三者の方に委ねるものであろうが、この細い縄を使うに値する者になりたいと思い 日々精進の精神は持ち合わせているつもりである。)
この縄は、ネットで見つけた I社製の5㎜縄である。生縄を購入し自身で鞣しを加えた。長さも 1間1.8m×4間=7.2mであり こだわってみた。床縄仕様の愛縄である。(^ ^)








画像1


⇧ここの縄は、もう数年使っている。ネット店舗では、この世界の巨匠が映画で使用した縄とされている。本当かどうかは、調べる術もない。購入後手直しの鞣しを加える。
しかし良い縄である ♪ しなやかで、結び易く 床縄メインに 時には吊りにも使う。まず手にするのがこの縄である。使えば使うほど手に馴染み 微妙な光沢が増して行く。余程素材が良く製造過程が良いのであろう。いわゆる縄が成長して行く。適宜メンテナンスを加え私のペースで使っているが、ヘタらず。痩せにくく。使い心地は揺るぎもしない。
難を言えば、7mしかない。後50㎝長ければと思う時がある。8mが欲しい。販売店に問い合わせ 8mをオーダーしたい所であるが、それには至っていない。
いずれにしても私の一番の愛縄である。(^_^)









画像1


⇧この縄は、多分 今、日本で一番使われているのではないか?皆さんよくご存知の N社の6㎜縄である。7m 8m 10mとラインナップも豊富であり、 絞りも緊密である。信頼感抜群!で、私が吊りに使用するメインの縄である。 7m 8mの二種類所有している。
この縄は、若干不満もある。購入後、やはり手直しの鞣しを入れて使用する。 しかし、絞りの緊密さ故か、結びや留めが若干荒くなる。その絞りの強さ故痩せにくいが、適宜メンテナンスを入れてゆくと急に腰が抜ける時期が来るのである。素材の問題と思っているのだが? 縄は消耗品でありその意味では、当たり前と言えるのだが…
どちらにせよ信頼感抜群のこの縄は、私の吊りに使用する。愛縄である。(^_^)





◼︎

画像1


⇧2013 / 11月新たに仲間入りした 6mmの色縄である。I 社製の生縄を購入 自身で なめし と 染めを加えた。可愛い赤で無く 深いワインレッドが欲しく 染色のマニュアルを見てチャレンジしてみたが、幸いにもほぼ成功と言えると思う(^^) なめしとしても やや強めの腰が残り 『 使って下さい。これから成長します!』と縄が言ってるよう?(笑)で良いと思う。前から 生縄の煮なめしと 染めの煮込みは、共用出来ると思っていたが、手間は増えるが生縄なめしは、どちらにしても鍋で煮込むのでこれは使えると思う。
縄 自身は、絞りも強すぎず弱すぎず 床縄 吊り両方に使えると思われ 重宝しそうな縄であり 成長も楽しみな縄である。
7.2m × 5本 8m ×4本 縛り方をイメージし 8.5m ×1本作成した^_−☆







画像1


⇧この縄は、私が5本だけ所有している8㎜縄だ。麻縄初心者の頃、何も知らず。高ければ良い縄であろうと慌てて買った縄である。当初、割りの亀甲縛り(菱縛り)や後手縄の練習に使用したが、残念ながらやはり太すぎであった。(^_^;)ここに紹介する麻縄以外に何本も二軍となった縄もあれば、人にあげた縄もある。本来ならここに登場しない縄であるのだが、この縄には、私にとって重要な仕事があるのだ。
やはり購入後一度手直しの鞣しを入れており、適度に腰がとれている。そこそこの値段もあり素材は悪く無い。8㎜縄だけあって切れる心配もない。私は、アマチュアであるが、吊りが好きである。が、専用の梁のあるスタジオ的な部屋を持っているわけでなく 普段はラブホの部屋を使用している。( そこそこの緊縛歴もあり、小まめに調べた 吊りの出来る部屋は、近隣府県も含めればかなりの数にのぼりますが?・笑)

要するにどんな梁を使用するか分からない私にとって 吊り床を作るには、この麻縄は無くてはならないのである。7mの長さは色んなシュチエーションに対応出来これまで不便を感じた事はない。科学繊維では無いので、雰囲気も壊さない。
吊りの時は、常に2~3本携帯し、適宜ホコリを拭き取り、ファブリーズをし、油も入れ、ケバ焼きもして、大事にしてあげている。(^_^)








画像1


⇧ご覧の通りのカラビナです。私は若かりし頃、登山をしていた。それも結構本格的な?命を担保する ザイルの結び方や体を確保する支点の作り方は、かなり緊縛に通じるものがあり、私が縄に魅かれ 吊りが好きになったのもその時の体験がかなり影響している。元々ロープや縄が好きなのだろう(^ ^)
吊りを教えてもらった時、カラビナを使用しているのを見た瞬間 私の頭の中には、登山用品店しか浮かばずカラビナに対する質問は浮かばなかった。
写真のカラビナも勿論アメリカのメーカー品であり、登山用品店で購入した。7KNとは、7キロニュートンと読み、1キロニュートンは、100kgである。↕7KNの意味は、瞬間にカラビナにかかる衝撃の力(人が落下した時など)に対し700kgまでカラビナは壊れない。と言う意味であり、7KNのカラビナは、通常、引っ張り強度2400kgまで大丈夫である。
登山は過酷な状況のスポーツであり、しかも素材は強化アルミで軽く錆びにくく 壊れにくい。登山用品店で購入するカラビナは、信頼感がある。価格もSM店舗と遜色はない。
簡単に言えば、不良な状態でない ↕7KNのカラビナは、ロープが切れず 結びが解けない状況として、お相撲さんを吊ろうが、数メール落下しようが、カラビナは壊れないという事である。(^_^)








☆ 愛用の道具達 2

さて、玩具箱?をひっくり返してみたが、久々に見てみるとまぁ沢山出てくる。ローターだけでも10ケは出て来ます。これだけよくも買い集めたものだ。(笑)ネットなどで時々拝見しますが、お持ちの玩具を集めて撮った “ 玩具の集合写真?” 皆さん いつの間にか数が増え処理にお困り?の様子だ(^ ^) 私も同様である。ですので、その中の 選ばれた数点? を紹介してみたい(^_^;)








画像1


⇧ハサミ
これは、本来なら麻縄の所に 紹介すべきだったでしょう。これは アソコの毛を切ったりする用途ではありません。

麻縄を扱う皆様はご存知と思いますが、いざという時、万が一の時、 緊縛した麻縄が絡まり、解けなくなってしまった時など 潔く愛用の繩を切り いち早く安全に女性を解放する為のハサミです。縛り手の タシナミ というべきではないでしょうか?
このハサミはタマタマ見つけた キャシュ・カードなどを切る為の 全長約15cmの小型のハサミです。一度、麻縄を切ってみれば解ると思いますが、絞りの強い6mm縄などは、簡便な紙切り鋏などでは、簡単に切れない。かと言って大型の鋏を持ち歩くのも不便です。この鋏は、片方の刃がノコギリ状に加工されており、8mm縄でもスパッと切れます。
私は、プレイ道具を入れるバッグのポケットに入れ、常に携行しています。 縄のメンテナンスや 生繩を切り揃える時に重宝していますが、幸いにもプレイの最中このハサミを使った事はまだありません。








画像1


⇧ 綿ロープ( アクリル )10mm×10m
皆さん良くご存じの いわゆるメンロープです。やはり一本は持っていないと?通販で購入した事も有るのですが、これは手芸店で購入しました。一概に言えませんが、価格的には、通販よりは若干高めですが、大人の玩具の路面店よりは、安いと思います。なにより手芸店のものは、品質が良いように思います。10m2本と5m2本を所持しています。








画像1


⇧アクリルロープ金剛編み 6mm×8m
麻縄移行期 まだ迷いのある頃?ホームセンターで白のロープを購入し、自分で染めてみました。アクリル金剛編みは比較的伸びが少ないと思います。
当たり前に麻縄を使い緊縛を楽しむ 今 現在、全く使う事なく数年間しまったままですが、これでよく後手の練習をさせて貰いそこそこ活躍したロープなのでまだ捨てられません。6本所持しています。








画像1


⇧竹箒
私の緊縛に時々使っている竹箒です。ホームセンターで見つけた 直径約 3cmの黒竹で 節のザラツキや切口のザラツキは、ササクレの原因となりますので、削り、磨き、ガスコンロで焼きを入れ 最終的にニスで仕上げ滑らかにしてあります。やはり、黒竹は雰囲気があります。約1m2本と1.8m1本 作りました。








画像1


⇧低温蝋燭
コチラは、SMプレイを楽しまれる方はよくご存知な有名な蝋燭です(^^) やはり、SMプレイの王道は、拘束、鞭、蝋燭では? この蝋燭は安価で手に入り易く 低温で万人向け? 何より落とした後の色が堪りません(^.^) まぁ仏壇蝋燭も持ってはいますが、あれは人を選びますので?









画像1


⇧デンマ ミニ +アタッチメント
ようやく本来の玩具が登場です(笑)このデンマを発見した時すぐに飛びつきました。初期の大型?のデンマも持っています。でも?SMプレイをされる皆様のお悩みの一つ?は、その荷物の多さと重さだと思います。特に電車移動を行う時など、 こんなに重い道具を沢山持ってよい大人が何をしてるんだろう?と、自己嫌悪?を感じられたのは、私だけではないと思います。(笑)コロコロを使用される方も多いと思います。そんな時 威力に遜色なく 小型で軽く しかも強さの調整が無段階のこのデンマ ☆ スグレモノですよねぇ?








画像1


⇧バイブ
これもよく見る?スタンダードな?バイブです。これは防水タイプ やはりプレイ後 ジャブジャブと気にせず水洗いの出来る玩具は良いと思います。お風呂でも使えますし ♫




さて、次は 打撃系の紹介をさせて頂きたい と思います。




☆ 愛用の道具達 3

私は、元々日曜細工など、物を作るのが好きだ。子供の頃、柱に釘を打ちつけ親に叱られたり、夏休みの工作などは嬉しい宿題であった。且つて幸せな結婚生活を送っていた頃?も犬小屋なども喜んで作たりしていた。(仕事は、物作りとは関係ないですが)

SMの世界に踏み込み、拘束に興味を持ち安い拘束具も買ってみたが、私は、縄を選んだ。当然鞭などの打具にも興味深々であったが、打具に関しては作ってみたい!と言う気持ちが強かった。
当然、プロの仕事に及ぶべくもなく 実際に出来上がったものは 素人感満載!おせいじにも良作と言える物は出来ていない(笑)でも、ネットなどで、サイズなどを調べ 材質を調べ 製作工程を調べ プレイを想定しながら作っている時が楽しい ♪ 夢中になる時もある。 打具に安全?というのも可笑しな話し?かもしないが、プレイの際、壊れたりササクレたり余計なトラブルが起らぬ様充分な配慮と対策を施しているつもりである。完成したものは、クッションなどを打ちつけテストを行い 最終的には、自分自身の腕や腿を打ちどの位の強さが有り、どの位の痕が残るものか?テストを重ね使用している。( 何回も色んな打具の試打を自分自身に行っているが、一度たりとも人に打たれたいと思った事はない。試打後 あわててヘパリン類似物などを塗ったりしている・笑 )



■ 愛用の鞭達


画像1


⇧一本鞭
やはり、コレが最も時間がかかり苦労した。素材のカットも難しく フェルト芯の作成にも苦労した。編み込みも難しく六つ編みにしたかったが 結果四つ編みで納得せざるを得なかった。鞭としては、細身であると思う。ただストング部分と言うそうであるが、先の細い編み込み部分には、私なりの工夫で芯を入れており、鞭穂部分は、シープ皮を巻いた。見た目は、素人作りそのものであるが充分実戦?に耐えられる仕様と思う。軽くシャープで、以外と打撃力があるのではないか?

完成当初、子供の様に嬉しく クションを打ち 野球ボールを打ち ビー玉を打って練習した。勿論自分自身の太腿も 結構痛い^^; まだフルショットで打った女性はいないが、ご希望の女性はおられるだろうか? もう一年近く使っているが、現役の愛用品である。

※一本鞭に関してはやはり、オーダーしようかなぁ?と考える今日この頃であるが…?









画像1


⇧バラ鞭 六尾
こちらは、上記の一本鞭 作成の時 四つ編みの練習の為 持ち手の部分を編んで見た。穂先部分は手芸店で購入した合成レザーであり、型がついてしまい素人作品としても良い出来と思えない^^; 打撃力も 弱〜中と思われる。まぁ バラ鞭の特徴の一つ音だけは良い音がする。口直し?的なアイテムである。








画像1


⇧ベルト鞭
ベルト鞭という名称があるのかどうか?分からないが、SMプレイのシュチエーションの中で 拘束したM女の尻をベルトで打つ! これは誰もが思いうかべ、実践される方も多いと思う。私もした事がある(^^) それならベルトに持ち手を付け鞭を作ればいいじゃないか? と思って作ったのがこの鞭である。実は二代目である。初代は、私の古いベルトで作ったが壊れてしまった。その反省を踏まえ今回は、ベルト部分を手芸店で見つけた 幅 2cmの赤い牛革を使っている。ベルトとしては細身であり 赤く小振りの作りは必要以上の恐怖感も感じない。 打撃力は、中位。万人向け?する重宝な鞭に仕上がった ♫








画像1


⇧バラ鞭 縄
麻縄を扱う皆様は、よくご存知と思うが緊縛の最中 勢い余って 縄尻の結び瘤が目などに当たらない様 注意する必要がある。縄尻の結び瘤が勢いよく目に当たれば医者騒ぎとなるかもしれない。目でなくても痛い^^;
そのコンセプト?で作ったのがこの鞭 全長約60cmの小振りだが、結び瘤が均等に当たる様 一本、一本を少しずつ短くしてある( 鬼畜?)打撃力は、中〜強の万人向けしない バラ鞭となっている。








画像1


⇧バラ鞭 六尾
この鞭は、私が一番最初に見よう見まねで作ったバラ鞭である。実は捨てようと思っていた古い シープ皮の革ジャンをカッターでテープ状に切って作った。リサイクルと言えば聞こえがよいが? この鞭、自体 数年間使用しており、柔らかいシープ素材は、パーマネントがかかり 貧乏くささ さえ漂って来た^^; ここに紹介するのも止めようとも思った。
しかし、怪我の巧妙というか タマタマというか 多分、既製品にもないこの鞭の良さがあるのだ。
さっきも書いたが、バラ鞭の特徴はその音にもある。この鞭は柔らかいシープ革 打撃力最弱である。フルショットをしても殆ど痛くない。ただ音だけは派手な音がする!
そう痛みなく音だけを演出するには最適なのである。




以上が私の 愛用する鞭である。だが、ケインなど棒系?の鞭も作っている。長くなるので 次回紹介させて頂きたい(^ ^)



☆ 愛用の道具達 4

さて、今回は鞭は鞭でも棒系?です。このシリーズを読んで頂いている皆様は、私は “ 麻縄 ” が好きと言いながら 本当は、鞭が好きなのではないの?とそろそろ思われると思います。Sを自認する私にとり 鞭は嫌いではない のは、確かです。けど やはり、はるかに麻縄の方が好きです。出来れば、麻縄を素材から 綯ってみたいと思うほど? 子供の頃、農家のご主人が、藁で繩を綯っているのを見たことがあり、その時 教えてほしい!と、作らせて貰いました。しかし、繩を綯うのはさすがに難しく 多分綺麗な仕上がりになるには何年も修行が必要でしょう。 麻縄の場合 “ 鞣し ” という作業があり、私の “趣味としての物作り” の欲求を満たしてくれます。ただ 素材から作るという意味で 比較的作り易いのが 鞭であり 他の方のブログを見たりSM道具の通販を見て つい作ってしまうのが 鞭なのです(笑)特に 棒系?の鞭は 切ったり 削ったり 磨いたり という 素朴な “趣味としての物作り” の欲求を満たしてくれ 数が増えてゆくのです(^_^;) やはり 素人作品満載の物しか出来ませんが?



■ 愛用の鞭達 2



画像1


⇧ 乗馬鞭
これは 当初 ケインが目的で 先が折れた 釣り竿 (中空でない)に持ち手を付け ケインとして作成して見ました。 しかし、試打してみた所 あまりにも衝撃力が強く これではいけないと思い 先端に革を付け直し 乗馬鞭 に作りなおししました。お尻に色付けするには重宝です。(^.^)








画像1


⇧ケイン
肉厚の孟宗竹を削り、曲げを入れ作っています。削り、磨くという意味ではかなりの時間をかけました。竹はササクレ易いので先端の目を詰めるため樹脂を浸透させ対策も施してあります。結構お気に入りの形に仕上がりました ♫








画像1


⇧パドル
ご覧の通り “ミヤジマ”です(笑)通販でパドルをながめていると 靴底を使用したパドルが売っており ジョーク商品?でもあるなぁ ♪ と 思っていました。で その時、タマタマ目に止まったのが ミヤジマだったのです。私の鞭の中のジョーク鞭なのですが…?








画像1


⇧指示棒
これは、鞭(打具)として使用していません。 ホームセンターをウロウロしていると?( 私はホームセンターをウロつくのが好きです・笑 女性のウインドウショッピングの感覚?)若干 先端の曲った 棒を発見しました。
! これは、使えるのでは?と思い作ったのが この棒です。先端を丁寧に削り ニスを塗って滑らかに仕上げています ♪ 打具として使いませんが、何かの形に似ていると思いませんか?(笑)直径約2cmの この棒は、結構良い仕事をしてくれます。☆





他にも駄作があるのですが、私が主に使用する 打撃系の道具は以上です。



と、ここまで書いてきましたが、他に ローション、日本手拭、アナルスティック、太めのバイブ、等々、等々。果は、化粧筆やスーパーボールといった小物まで 玩具箱の中味は、数え切れません(笑)これ以上写真を上げても 如何なものか?と思いますし、私は、浣腸は苦手ですし、血をみるプレイは行いません。
まぁ デンマとバイブとローターがあれば、逝き地獄も可能?と思っていますので(^.^)

其れでは、此の辺で 愛用の道具達シリーズはとりあえず終了 又 新兵器?を入手すれば、記事にしたいと思います。お付き合い頂きありがとうございましたm(__)m





☆ The 逆さ二本吊り ! 縄々 ↑


画像1





SMルールで、気合いを入れて逆さ吊り↑





身体が、真っ直ぐ一本に 縄、縄、縄



ヤッパリこんなん すきやなぁ(^.^)



☆ 二穴 ↑↑


画像1




固定バイブにアナルスティック!



この子は、両方の穴が感じる敏感体質 (^.^)



逝き地獄にすると、スグ失神します ☆



本日何回失神したんだろ…? お得な体質です(≧∇≦)





☆ バイブ固定 ↑

画像1





ラフに縛って バイブ固定




放置してても自分で腰をくねらせ 逝ってしまいます。実にいい眺め( ̄^ ̄)ゞ




 | HOME | 

プロフィール

nagareboshi55ipbg

Author:nagareboshi55ipbg

☆麻縄使い☆流れ星☆


SMという行為 緊縛という行為 世界中にあると思ってます。又、良くも悪くもそれが人々の心と本能の根底に響く行為である。と いうことも?

たまたま 農耕民族であり手先が器用で 細やかな心使いの出来る人々が多く 島国であり 村社会という独特な環境が永く続いた 日本という国に生まれ 育った私は 麻縄を使った緊縛という行為に魅せられました。


麻の縄という道具を選び 先人達の試行錯誤により 考えられ 伝えられた技は 理に叶い素晴らしいものであると思います。ようやくその入り口を覗いたに過ぎない私であろうと思いますが、怪我をさせぬ様 日々の生活の妨げとならぬ様 又、礼節をわきまえ 時と場所を考えて 大好きな麻縄を使わせて頂ければと思っています。


包み込む縄 優しい縄 厳しい縄 綺麗な縄 時に 許さぬ縄 淫らな身体と心を縛り付ける縄 色んな縄があり 其々の縄があってしかるべき 人が人であり 受け手 縛り手 双方の存在意義があり 心の叫びを満たせるもので有れば それで良いのかな? と
そこに伝統芸能の持つような 美しさのテイスト 色香を放つ美しさ 本来の心と身体が出会った美しさ 安心感が滲み出すようであれば、私は、尚 嬉しいと感じます。


綺麗事だけじゃぁすまないし 本能をさらけ出す場所でもあるのが 緊縛でありSM でもしかし、誰もが求める あるがままに 自然なままに 不安や恐れのない 自分は自分である との存在を感じる 居場所であれば…

※ ただプロに縛られようが、アマに縛られようが 「 先ずは安全に 無事帰してネ 」という受け手さんの心は同じ。 そこは、大前提と考えております(^^)



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SM 緊縛 日誌 (193)
緊縛カフェ(お話の場所) (5)
SM・愛用の道具達 (13)
未分類 (0)
つぶやき… (3)

ブロとも一覧


メス豚の飼い方

ブラックダイヤモンド他人棒寝取らせマニア

淫乱婚約者AYAの性育日記

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

あの日の緊縛

私の愉しみと内緒のお話し

アブノーマルなLOVEライフ

SM淫語blog

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。