FC2ブログ

☆麻縄使い☆流れ星☆の緊縛日誌☆

※ M 女子は綺麗に縛ってやりたい。破れかけた心の襞まで… 魂を抱き(いだき)満る様 それが貴女の もう一つの物語となる様な緊縛を僕はして行きたい。欠けた月がやがて満月となり 輝く光で周りを照らせるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 二本の指で…


慎重だった。当たり前だろう 初めて麻縄で縛られるのだ。これまで、綿ロープでの亀甲縛り ( 菱縛り ) や手錠縛りの経験はあったらしい。



それは、遊び感覚であったらしい。



女は言った。



『 縛り付けられ、気が遠くなるまで 逝かされたい。パソコンで縛りサイトを見て 自分でしてしまう 』と



二週間のやり取りの後、今、現実となった。



三十過ぎの美人である。胸が大きく ウェストも括れ 肉感的な身体をしている。縛りがいがある。




後手を組ます。最初の挨拶。人生初の麻縄は心地良くしてやりたい。早めのリズムで縛る。




留めを掛ける指先に背中が反応している。申し分の無い反応を示す。成熟した雌の反応だ。




すでに 警戒心も解け 多分、以外な麻縄の感触に身を任せ始め 後手が完成した。

image_201309220243161b0.jpg


『 どうですか? 』


『 もっとも 荒っぽい感触と思ってた 』



気に入って貰った様子だ。




もう問い掛ける必要もないだろう。




胸を絞り出されて 責められたい。と、言ってた。



希望通りにしてあげよう。一度すべての縄を解き今度はユックリと縛り直す。前戯は長いほうがよい。DかEか?大きめの胸は単純なブラ縛りで飛び出し 乳首は、これでもか という位ヤル気をみせた。指でなぞる。


image_20130922033310ca6.jpg

すでに身体は、縛りのリズムに酔い 吐息を漏らす。




ベッドに貼り付け 飛び出した乳首をなで続ける。 首筋をなぞる。背中をなぞる。ウェストをなぞる。 デンマで責める。バイブで責める。腿をスパンキングする。



声をはりあげ 逝き続ける。足の指を縛る。これにも反応する。




もう 全身が性感帯と化している。




試しに 下腹の上から 二本の指で子宮の位置を突く。それだけで、身体を震わせ 女は逝く。




『 この嫌らしい 雌犬め!』




『 ああっ… 言わないで!』




それでも 子宮の上を突く 二本の指だけで 女は逝きつづける。




何を思ったのか? 珍しく俺は、女の口の中で逝った。





すべてが終わり 写真を見ながら女は言った。




『 私じゃないみたい…。』



コメント

ハルと申します。
リンクありがとうございました。
恥ずかしくもあり、嬉しくもあります。
あたしは縛りにとても興味がありまして・・・
なのでコッソリ覗いていました^^;
とても綺麗ですし、それにオリジナルって凄いと思います。。。
時間がある時にゆっくり拝見させて戴きますね。
こちらもリンクを貼らさせて戴きましたので、
これからもよろしくお願い致します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagareboshi55ipbg.blog.fc2.com/tb.php/150-b02182ce

 | HOME | 

プロフィール

nagareboshi55ipbg

Author:nagareboshi55ipbg

☆麻縄使い☆流れ星☆


SMという行為 緊縛という行為 世界中にあると思ってます。又、良くも悪くもそれが人々の心と本能の根底に響く行為である。と いうことも?

たまたま 農耕民族であり手先が器用で 細やかな心使いの出来る人々が多く 島国であり 村社会という独特な環境が永く続いた 日本という国に生まれ 育った私は 麻縄を使った緊縛という行為に魅せられました。


麻の縄という道具を選び 先人達の試行錯誤により 考えられ 伝えられた技は 理に叶い素晴らしいものであると思います。ようやくその入り口を覗いたに過ぎない私であろうと思いますが、怪我をさせぬ様 日々の生活の妨げとならぬ様 又、礼節をわきまえ 時と場所を考えて 大好きな麻縄を使わせて頂ければと思っています。


包み込む縄 優しい縄 厳しい縄 綺麗な縄 時に 許さぬ縄 淫らな身体と心を縛り付ける縄 色んな縄があり 其々の縄があってしかるべき 人が人であり 受け手 縛り手 双方の存在意義があり 心の叫びを満たせるもので有れば それで良いのかな? と
そこに伝統芸能の持つような 美しさのテイスト 色香を放つ美しさ 本来の心と身体が出会った美しさ 安心感が滲み出すようであれば、私は、尚 嬉しいと感じます。


綺麗事だけじゃぁすまないし 本能をさらけ出す場所でもあるのが 緊縛でありSM でもしかし、誰もが求める あるがままに 自然なままに 不安や恐れのない 自分は自分である との存在を感じる 居場所であれば…

※ ただプロに縛られようが、アマに縛られようが 「 先ずは安全に 無事帰してネ 」という受け手さんの心は同じ。 そこは、大前提と考えております(^^)



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SM 緊縛 日誌 (193)
緊縛カフェ(お話の場所) (5)
SM・愛用の道具達 (13)
未分類 (0)
つぶやき… (3)

ブロとも一覧


メス豚の飼い方

ブラックダイヤモンド他人棒寝取らせマニア

淫乱婚約者AYAの性育日記

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

あの日の緊縛

私の愉しみと内緒のお話し

アブノーマルなLOVEライフ

SM淫語blog

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。