FC2ブログ

☆麻縄使い☆流れ星☆の緊縛日誌☆

※ M 女子は綺麗に縛ってやりたい。破れかけた心の襞まで… 魂を抱き(いだき)満る様 それが貴女の もう一つの物語となる様な緊縛を僕はして行きたい。欠けた月がやがて満月となり 輝く光で周りを照らせるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 完全復活 !第二幕〜


こうして、いきなり吊ってしまった訳ですが、彼女は別に異変もなく無事終了!元気である( 翌日確認するも問題なし ) 。ついた縄痕をどこか嬉しそうに触っている。






そこで、私の頭にあったのは、柔らかい関節。実は、緊縛前 ストレッチをさせた時、後ろ手合唱のポーズをしてもらっていた。彼女曰く 全然余裕!もっと上に挙げても大丈夫 ♪ との事だったので 今日のメニューに無かった吊りをしなければ、次の縛りは此れであった。






『 チョット僕の好みの縛り方させてな 複雑やけど?』と ポーズを取って貰った。






そう 以前 苦労してやっと自分のものになりかけていた 後手合唱亀甲風 ! ここで縛らなければ、いつ縛るの?って感じ(^^)








途中 一瞬迷う事もあったが、大きな停滞も無く 指と頭は順序を覚えていた ♪

画像1


いかがでしょう?一つ思うのは、吊りの縄痕に目がいってしまう。こうゆう飾り縛りは、縄痕など着かない内にやるべきですよねぇ?








後ろも

画像1


こんな感じ 当然身体のボリュームも人其々なので、継縄の位置も迷ったが、合唱している手と指への縄掛けは此の位の量が適当か?









一番の違いは、胸の大きさ。真ん中の菱が胸に比べやや小さい?これは最初肩から縄を掛ける時意識してないと 完成近くなって直せるものではない。

画像1



どうやら、手順は指が覚えてるようであり、直接教えて貰った訳ではないので小さな違いはあるにしても 大筋は違っていないと思われるし、其々テンションが架かっても大丈夫な止めも入れている。 胡座縛りや、逆海老縛りの様に 私の縛りのバリエーションと言えるようになった様だ ♫






何より、此の体勢を楽に取れるこの子と出会った事に感謝!次のイメージも広がるなぁ ♫











初縛りでいきなり 濃いすぎる三縛をこなし 休憩を入れた。





が 却ってこの子のテンションが落ちかけて来た。当然まだ呼吸が分からない。





『 じゃぁ 最後の縛りな!』




言うや否や 再び 彼女の手を 後ろ手に捻じり上げ 今度は 縄の美しさもなにもない!もう、手荒く 一気に後手に縛り上げ ベッドに転がす!





右足を二つに折りベッドに縛りつけ 左足は足首だけで、吊り床に吊り上げ 股を開かす!





そう 女を身動きならぬよう縛り上げ 犯す為の縛りだ!

※ 一瞬 頭に写真が過ったが流れを壊さぬよう撮らなかった ( 皆さんにはすいません。この縛りはリアリティが良かったハズ!こんな時スマホが勝手に動きだし 撮ってくれたら良いのだが・笑)





彼女の股間は充分湿っていた筈だ。パンツの上からデンマを当てる!




五分もかからず 逝く。




関節も柔らかいが、感度もいい。敏感で激しい反応の身体だ!




乳首、耳、ウナジ 特に 耳は駄目!と言う。





容赦なく責める。紐パンを履いているのは、確認済だ!




紐を片方解く! 指を突っ込む 勿論 股間は閉じられない!縄を引き千切るような勢いで身体を捻じる! ビク ビクッと逝き続ける! 私は許さない!さらにデンマを当てながら指を使い続ける!




今、縄、拘束の怖さ?を身体で感じ 入っているのだろう。 年齢に反し その身体は かなり成熟している。いつの間にか 右脚を縛った縄に 残したままの黒い紐パンが乱れ 布切れの様に絡み着いている。印象的だ!





手首が心配になり、手首の縄を解く。代わりに今まで股間に使っていた指を口に突っ込む!




貪りついてくる。舌を絡みつけてくる。やはりこの歳でテクニックがある。




『 使うとこが違うやろ!?』と言い放ち 髪の毛を鷲掴みにし 俺の股間に持ってくる!




やはり 上手い!相当経験有りとみた!




手首は解放したが、手は腕で縛られたまま使えない。再び髪の毛を鷲掴みにし そのまま奥へ押し付ける!





『 ウッ!グフッ!』呻き声がこぼる。二度、三度 容赦なく繰り返される!




今の 彼女の思考回路はショートし、雌の本能に支配されているだろう!縄を解き 俺も本能に従おう!




そのまま 雄は雌に飛びかかり、獣の交尾が展開される…




《 終り。




コメント

明日少しアレンジした縛りアップします

笑わんといて下さいね

縛りのバリエーション素敵ですね

私は自縛しますが一人だとワンパターンになりがちです

しかも…緊縛されたまま犯されるなんてことないし

夢のようです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagareboshi55ipbg.blog.fc2.com/tb.php/155-96f632b5

 | HOME | 

プロフィール

nagareboshi55ipbg

Author:nagareboshi55ipbg

☆麻縄使い☆流れ星☆


SMという行為 緊縛という行為 世界中にあると思ってます。又、良くも悪くもそれが人々の心と本能の根底に響く行為である。と いうことも?

たまたま 農耕民族であり手先が器用で 細やかな心使いの出来る人々が多く 島国であり 村社会という独特な環境が永く続いた 日本という国に生まれ 育った私は 麻縄を使った緊縛という行為に魅せられました。


麻の縄という道具を選び 先人達の試行錯誤により 考えられ 伝えられた技は 理に叶い素晴らしいものであると思います。ようやくその入り口を覗いたに過ぎない私であろうと思いますが、怪我をさせぬ様 日々の生活の妨げとならぬ様 又、礼節をわきまえ 時と場所を考えて 大好きな麻縄を使わせて頂ければと思っています。


包み込む縄 優しい縄 厳しい縄 綺麗な縄 時に 許さぬ縄 淫らな身体と心を縛り付ける縄 色んな縄があり 其々の縄があってしかるべき 人が人であり 受け手 縛り手 双方の存在意義があり 心の叫びを満たせるもので有れば それで良いのかな? と
そこに伝統芸能の持つような 美しさのテイスト 色香を放つ美しさ 本来の心と身体が出会った美しさ 安心感が滲み出すようであれば、私は、尚 嬉しいと感じます。


綺麗事だけじゃぁすまないし 本能をさらけ出す場所でもあるのが 緊縛でありSM でもしかし、誰もが求める あるがままに 自然なままに 不安や恐れのない 自分は自分である との存在を感じる 居場所であれば…

※ ただプロに縛られようが、アマに縛られようが 「 先ずは安全に 無事帰してネ 」という受け手さんの心は同じ。 そこは、大前提と考えております(^^)



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SM 緊縛 日誌 (193)
緊縛カフェ(お話の場所) (5)
SM・愛用の道具達 (13)
未分類 (0)
つぶやき… (3)

ブロとも一覧


メス豚の飼い方

ブラックダイヤモンド他人棒寝取らせマニア

淫乱婚約者AYAの性育日記

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

あの日の緊縛

私の愉しみと内緒のお話し

アブノーマルなLOVEライフ

SM淫語blog

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。