FC2ブログ

☆麻縄使い☆流れ星☆の緊縛日誌☆

※ M 女子は綺麗に縛ってやりたい。破れかけた心の襞まで… 魂を抱き(いだき)満る様 それが貴女の もう一つの物語となる様な緊縛を僕はして行きたい。欠けた月がやがて満月となり 輝く光で周りを照らせるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 復刻?





さてさて、今回のテーマ チョットだけ復刻なんですなぁ〜




なにが?と申しましたら、一年ほど前あるサイトで見た菱縄縛り いわゆる亀甲縛りなのですが、普通で縄を回すとあり得ない方向から留めが出ている? 勿論 二本の縄を結んで、割って使う亀甲縛りでは面白くない訳でありまして^_^;




化粧縄のバランスとしては良い方向であると思っていたのですが、そのままスッカリ忘れておりました。今回、赤の長襦袢で という話で ヒョット思い出し 久々に亀甲縛りと言う事に















試行錯誤してみた 留めの方向は上手く出ました(^^)

image


でも 結ばず 留めや引っ掛けで作る亀甲縛り あっちがたてばこっちが立たず的な?時々やって置かないと本当 見た目バランスが急に難しくなりますよねぇ























試行錯誤の留めは、見た目の留めなので 宙吊りは難しいかなぁ と

image


けど 半吊りにはしてみました( ̄^ ̄)ゞ























赤い長襦袢 ヤッパリ良いですよね〜( ̄Д ̄)ノ








最近、私の定番は 襷掛けや前後菱 なのですが

image


敢えて V字掛けとし























定番の半吊りに

image


なんか 二縄から下 余り考えず 縄の行きたいままに縄掛けしてみなさい。











的な キャンバスにも思えます。











なので 縄の行きたい様 思うがままに縄掛けしてみました( ̄^ ̄)ゞ

image
























こうゆう事なのかなぁ

image


寝かせてみると















雰囲気出てますし

そこには、全身を拘束され 絡みつく縄に身を捩る一匹の牝が…















足らないのは、羞恥というテイスト?

image


二本の脚を吊り























チョット大人しい?

image


と 脚を一本に















無防備でもう逃げられぬ










ヤッパリ こうゆう事なのですよね( ̄ー ̄)























image












お疲れ様でした。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagareboshi55ipbg.blog.fc2.com/tb.php/291-b7023144

 | HOME | 

プロフィール

nagareboshi55ipbg

Author:nagareboshi55ipbg

☆麻縄使い☆流れ星☆


SMという行為 緊縛という行為 世界中にあると思ってます。又、良くも悪くもそれが人々の心と本能の根底に響く行為である。と いうことも?

たまたま 農耕民族であり手先が器用で 細やかな心使いの出来る人々が多く 島国であり 村社会という独特な環境が永く続いた 日本という国に生まれ 育った私は 麻縄を使った緊縛という行為に魅せられました。


麻の縄という道具を選び 先人達の試行錯誤により 考えられ 伝えられた技は 理に叶い素晴らしいものであると思います。ようやくその入り口を覗いたに過ぎない私であろうと思いますが、怪我をさせぬ様 日々の生活の妨げとならぬ様 又、礼節をわきまえ 時と場所を考えて 大好きな麻縄を使わせて頂ければと思っています。


包み込む縄 優しい縄 厳しい縄 綺麗な縄 時に 許さぬ縄 淫らな身体と心を縛り付ける縄 色んな縄があり 其々の縄があってしかるべき 人が人であり 受け手 縛り手 双方の存在意義があり 心の叫びを満たせるもので有れば それで良いのかな? と
そこに伝統芸能の持つような 美しさのテイスト 色香を放つ美しさ 本来の心と身体が出会った美しさ 安心感が滲み出すようであれば、私は、尚 嬉しいと感じます。


綺麗事だけじゃぁすまないし 本能をさらけ出す場所でもあるのが 緊縛でありSM でもしかし、誰もが求める あるがままに 自然なままに 不安や恐れのない 自分は自分である との存在を感じる 居場所であれば…

※ ただプロに縛られようが、アマに縛られようが 「 先ずは安全に 無事帰してネ 」という受け手さんの心は同じ。 そこは、大前提と考えております(^^)



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SM 緊縛 日誌 (193)
緊縛カフェ(お話の場所) (5)
SM・愛用の道具達 (13)
未分類 (0)
つぶやき… (3)

ブロとも一覧


メス豚の飼い方

ブラックダイヤモンド他人棒寝取らせマニア

淫乱婚約者AYAの性育日記

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

あの日の緊縛

私の愉しみと内緒のお話し

アブノーマルなLOVEライフ

SM淫語blog

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。