FC2ブログ

☆麻縄使い☆流れ星☆の緊縛日誌☆

※ M 女子は綺麗に縛ってやりたい。破れかけた心の襞まで… 魂を抱き(いだき)満る様 それが貴女の もう一つの物語となる様な緊縛を僕はして行きたい。欠けた月がやがて満月となり 輝く光で周りを照らせるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 足りないもの その1





昔の話、と言うと年齢がばれそうですが、別にそれも大した事ではありません(笑)




なんかですね、正義という名の下に 権利という名の下に マスコミなんか知る権利という言葉 まるで黄門さまの印籠の様な形で使っている事も多いですよね^_^;



勿論、私自身 正義感も持ち合わせいると思っていますし 人の権利というものにも私なりの意見は持っております。



ただですね 知る権利があるならば、知らせ無い権利もある訳で、浮気 という一つの言葉を取ってみても それだけ聞けば いけないものでしょう。それも一方向だけの見方を主張し、他方向の見方には敢えて目をつぶっている。そこに至る経緯を探れば、単に悪と決めつけ マスコミや顔の見えない連中がここぞとばかりに袋叩きに するのも如何なものか? 人は何を笑いの対象にするかで、その人の人格が解る。という事をご存知ないのか?








放って置いてあげれば良いのに。人の不幸は蜜の味 を煽り、金設けの種とし 楽しんでるだけではないのか?と思うわけです。










そう言う意味でも 今の世の中 人に縛られるなんて、普通に生活していればまず有りませんよね? 昔は、イタズラが過ぎ きかない子なんか 親に庭の柿の木に縛られ お仕置きされる事も珍しく無かったし 体育会系のクラブなんかやってると 監督や先輩に鉄拳制裁 ってことも珍しく無かった。制裁する方も拳の痛さを知り、そこには愛情があったと思うのです。
勿論 暴力はいけない。私自身 平和主義者でありこれまでの人生自分から行動する事も無かったのですが、何もかも明らさまとし 例えば 戦争はいけない!という当たり前の言葉を叫ぶ。でもお隣からイキナリ ミサイルが飛んでくれば、言葉でその叫びだけで防げるのか?と いう部分もあったりするのですよね…。











なんか 権利や人権を叫ぶ今のこの国。人は進化するものだし発達するもの でも大事な何かを置き去りにはしたく無いものです。











普通に生活していれば 先ず経験する事のない。人に縛られるという行為。この世界当たり前のように 簀巻きにされてしまいます( ̄ー ̄)


image























それどころか 彼方に転がされたり


image























身体を逆海老に折られたり


image























その上


image



胸と足を繋いだ縄を引っ張られ 放置されたり














当たり前のように苦しいでしょう














おまけに


image



こんな格好で晒され























挙句の果てに


image




両腕をきつく縛られ 半吊りに繋がれる














この図だけを見たら 暴力反対を叫ぶ 知識人達はどんな顔をするのでしょう?











でも これは、大人の男と女の為せる事。怪我をさせてる訳でもないし 心を叩いている訳でもない。











それどころか 心を満たしているのだ。狭間の中で…











》続く…










コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagareboshi55ipbg.blog.fc2.com/tb.php/301-b69ff17f

 | HOME | 

プロフィール

nagareboshi55ipbg

Author:nagareboshi55ipbg

☆麻縄使い☆流れ星☆


SMという行為 緊縛という行為 世界中にあると思ってます。又、良くも悪くもそれが人々の心と本能の根底に響く行為である。と いうことも?

たまたま 農耕民族であり手先が器用で 細やかな心使いの出来る人々が多く 島国であり 村社会という独特な環境が永く続いた 日本という国に生まれ 育った私は 麻縄を使った緊縛という行為に魅せられました。


麻の縄という道具を選び 先人達の試行錯誤により 考えられ 伝えられた技は 理に叶い素晴らしいものであると思います。ようやくその入り口を覗いたに過ぎない私であろうと思いますが、怪我をさせぬ様 日々の生活の妨げとならぬ様 又、礼節をわきまえ 時と場所を考えて 大好きな麻縄を使わせて頂ければと思っています。


包み込む縄 優しい縄 厳しい縄 綺麗な縄 時に 許さぬ縄 淫らな身体と心を縛り付ける縄 色んな縄があり 其々の縄があってしかるべき 人が人であり 受け手 縛り手 双方の存在意義があり 心の叫びを満たせるもので有れば それで良いのかな? と
そこに伝統芸能の持つような 美しさのテイスト 色香を放つ美しさ 本来の心と身体が出会った美しさ 安心感が滲み出すようであれば、私は、尚 嬉しいと感じます。


綺麗事だけじゃぁすまないし 本能をさらけ出す場所でもあるのが 緊縛でありSM でもしかし、誰もが求める あるがままに 自然なままに 不安や恐れのない 自分は自分である との存在を感じる 居場所であれば…

※ ただプロに縛られようが、アマに縛られようが 「 先ずは安全に 無事帰してネ 」という受け手さんの心は同じ。 そこは、大前提と考えております(^^)



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SM 緊縛 日誌 (193)
緊縛カフェ(お話の場所) (5)
SM・愛用の道具達 (13)
未分類 (0)
つぶやき… (3)

ブロとも一覧


メス豚の飼い方

ブラックダイヤモンド他人棒寝取らせマニア

淫乱婚約者AYAの性育日記

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

あの日の緊縛

私の愉しみと内緒のお話し

アブノーマルなLOVEライフ

SM淫語blog

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。