FC2ブログ

☆麻縄使い☆流れ星☆の緊縛日誌☆

※ M 女子は綺麗に縛ってやりたい。破れかけた心の襞まで… 魂を抱き(いだき)満る様 それが貴女の もう一つの物語となる様な緊縛を僕はして行きたい。欠けた月がやがて満月となり 輝く光で周りを照らせるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 腰縄考察





年末より、縛らせて貰ってる受け手の彼女との緊縛。blogの内容の通り、週一ペース 長時間 濃い内容であり、お互いかなり理解が深まってきました。







ここ 二回程は腰縄を抜いた吊りをしたり、内容も結構ハードであり、橈骨 正中神経などの痺れ等の心配はないものの そろそろ筋肉疲労も溜まって来てる筈。








ここ三年程は、吊りをするにあたり、特に腰で吊る という事を重視してきた私ですが、丁度この機会 特に二の腕 手首への負担も考え 前々から思っていた 一般的な腰縄へチョット手を加えた 腰縄を試させて貰いました。












先ず あえて 立て横の縄 つまり 一縄 二縄を縛らず 腰で吊るとすれば、胸はハンモックとも言える 留め菱 をチョイス


image























考えていた腰縄は


image



ご覧の通り 一般的な腰縄と余り変わらないのですが、加えた縄もあり、ここ二年ばかり実行して来た 手首にかかるテンションも かわしてあります。













一縄 二縄から腰縄へのトータルバランスで手首のテンションをかわし、手首に遊びを持たせる事は 吊りに置いて負担の多い 一縄 特に二縄のテンションを柔げる結果となり 当然上腕や肩関節への負担も柔げる結果となる事はこの二年ばかりで、実践し確認してきました。








今回は、その一縄 二縄も縛ってないのですが














先ず平吊り


image



左右アンバランスに 結構足を跳ね上げているのですが






















全体を見ていただくと


image



殆んど 荷重の中心は 腰にきており 腰で吊れていると思います。当然、人の身体で重い 頭がありますので、その分は、肩の合計4本の縄と 胸の四つの留め菱が支えてくれており(当然 留め菱の留めはシッカリ入れてあります)、写真では分かりにくいですが、手首にテンションはかかっておらず 今回 一縄 二縄を縛ってないのですから 二の腕への負担も肘を曲げた位の負担しかありません。







本人の感想も 『 楽だ!』と言うものでした。勿論 吊りですので、吊りの負担はありますが






















一旦下ろし 同じ縛りのまま 今度は、本番の背面吊り(この腰縄は、背面吊りの為考えたのです)


image



こちらは、予想以上に決まりました。以前 通常、私の使う腰縄で 逆海老一本 から下りた(下ろした)経験のある彼女ですが 『その時と全く違う 全然楽!』という感想でした。
実際、腰縄の吊り縄 一本で 殆んど身体が支えられており 普通手首に掛かるテンションも逃げています。胸の吊り縄さえ必要ないのでは? と 思った位でした。























ご覧のように


image



右脚の膝上の4本の縄は 斜めに入っておりますが、足首にも吊り縄を掛けてますので、殆んど足半分位?のテンションしか 膝の吊り縄にはかかって無い感覚でした。










特に三年位前から話題になった 橈骨 正中 尺骨 神経から もう一度、調べ始め 教えを請い 緊縛の為とは言えませんが、私自身通う 接骨院や病院の整形外科の先生にも 神経や筋肉 血管 骨格の話しも含め それと無く確認し 自分も人の身体の勉強を続ける中 一年前位から 手を加える事に思い当たり 暖めていた 今回の腰縄 今後も使っていけそうです。








受け手の彼女も元々縄の経験者であり、私との息も合ってきて 尚且つ ゆっくりと時間が取れる 環境も整い出来た事です。




先ずは協力してくれた彼女に感謝!





とは言え 危険の伴う緊縛 これにおごる事無くこれからも研鑽を続けて行きたいと思います(^^)





余り縄の処理も次はもっと綺麗にしないとですね^_^;










※ 以上はあくまで私流で受け手さんの合意の元 行った縄掛けです。









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagareboshi55ipbg.blog.fc2.com/tb.php/307-6c22a95d

 | HOME | 

プロフィール

nagareboshi55ipbg

Author:nagareboshi55ipbg

☆麻縄使い☆流れ星☆


SMという行為 緊縛という行為 世界中にあると思ってます。又、良くも悪くもそれが人々の心と本能の根底に響く行為である。と いうことも?

たまたま 農耕民族であり手先が器用で 細やかな心使いの出来る人々が多く 島国であり 村社会という独特な環境が永く続いた 日本という国に生まれ 育った私は 麻縄を使った緊縛という行為に魅せられました。


麻の縄という道具を選び 先人達の試行錯誤により 考えられ 伝えられた技は 理に叶い素晴らしいものであると思います。ようやくその入り口を覗いたに過ぎない私であろうと思いますが、怪我をさせぬ様 日々の生活の妨げとならぬ様 又、礼節をわきまえ 時と場所を考えて 大好きな麻縄を使わせて頂ければと思っています。


包み込む縄 優しい縄 厳しい縄 綺麗な縄 時に 許さぬ縄 淫らな身体と心を縛り付ける縄 色んな縄があり 其々の縄があってしかるべき 人が人であり 受け手 縛り手 双方の存在意義があり 心の叫びを満たせるもので有れば それで良いのかな? と
そこに伝統芸能の持つような 美しさのテイスト 色香を放つ美しさ 本来の心と身体が出会った美しさ 安心感が滲み出すようであれば、私は、尚 嬉しいと感じます。


綺麗事だけじゃぁすまないし 本能をさらけ出す場所でもあるのが 緊縛でありSM でもしかし、誰もが求める あるがままに 自然なままに 不安や恐れのない 自分は自分である との存在を感じる 居場所であれば…

※ ただプロに縛られようが、アマに縛られようが 「 先ずは安全に 無事帰してネ 」という受け手さんの心は同じ。 そこは、大前提と考えております(^^)



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SM 緊縛 日誌 (193)
緊縛カフェ(お話の場所) (5)
SM・愛用の道具達 (13)
未分類 (0)
つぶやき… (3)

ブロとも一覧


メス豚の飼い方

ブラックダイヤモンド他人棒寝取らせマニア

淫乱婚約者AYAの性育日記

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

あの日の緊縛

私の愉しみと内緒のお話し

アブノーマルなLOVEライフ

SM淫語blog

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。