FC2ブログ

☆麻縄使い☆流れ星☆の緊縛日誌☆

※ M 女子は綺麗に縛ってやりたい。破れかけた心の襞まで… 魂を抱き(いだき)満る様 それが貴女の もう一つの物語となる様な緊縛を僕はして行きたい。欠けた月がやがて満月となり 輝く光で周りを照らせるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆横吊り…

■ 兎にも角にも




彼女を縛り始めて、四ヶ月がすぎた。ヨナッとしたスタイルの良い身体、柔らかい関節にプリッとした下半身。思わぬ胸回りの弱さという意外な面もあったが、ぼぼ月三回のペースで縛り、彼女の身体は、大体解ってきた。

彼女自身も自分自身の持つ思わぬ面に、最初は戸惑い、悩み。しかし、縄の持つ魅力も理解し、縄で飾られる自分の身体にもある種の自身も湧いて来た様である。









さて、今日の吊りだ。これまで、水平吊り、平行(背面)吊り、逆さ吊りとこなしてきたが、大きく分けると残るは、横吊りである。







まだ決めていない。この前の逆さ吊りを発展させるか?汎用性のある横吊りに挑戦させるか?直前まで、迷ったが、ある種の感が働き、横吊りに挑戦させることに決めた。












増やす縄は増やし、支点も多くとり 結果

画像1


こんな感じとなった。この時私自身はスピード重視。サッサッと吊り上げ、撮影し
















後ろ姿

画像1


圧巻の下半身の存在感
















前 下方からの図

画像1


いいじゃないか☆ 声をかけるが、縄の食い込みが痛いだけで、苦しくないと
















後姿、全体の図

画像1


うん うん 後から写真で確認するも ナヨッとした身体に ある種の哀愁感が漂い 絵になってる☆

















下ろした後も

画像1


左胸に赤く いかにも吊られました的な縄痕はあるものの 元気である。









『 今まで吊られた中で、一番楽だった。』と ♫









支持縄の本数、縛り方、吊り方等々 色々あると思われるが、吊られて苦しいのは、縄で胸(肺)を締め付けられ、息が出来なくなる。そこが、平均より弱いのが、原因のようだ。










なるほど横吊りは、下になった腕に体重が架かるが、肺の締め付けは、少ないだろう。ここまで、ハッキリすれば、今後の展開が、楽になる。腰から下の問題は、ない訳であって、楽しみが増えた。

私的には、一気に彼女に対する吊りのパターンが沸き上がってきた♫










それにしても こうして写真を編集してみると いい吊られっぷりだ。哀愁感というか、逃げ場のない嗜虐性というか、最近の 特に吊られた彼女の そのナヨッとした長身の身体からは、ある種の雰囲気が出てきた。









私は、早く健康をとりもどそう! ブログは若干お休みとなりますが、三、四週間で復帰の予定ですのでよろしくご愛顧の程m(__)m


《 今回、終了。

※ この記事は、予約投稿により、前日夜投稿したものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagareboshi55ipbg.blog.fc2.com/tb.php/38-612c6312

 | HOME | 

プロフィール

nagareboshi55ipbg

Author:nagareboshi55ipbg

☆麻縄使い☆流れ星☆


SMという行為 緊縛という行為 世界中にあると思ってます。又、良くも悪くもそれが人々の心と本能の根底に響く行為である。と いうことも?

たまたま 農耕民族であり手先が器用で 細やかな心使いの出来る人々が多く 島国であり 村社会という独特な環境が永く続いた 日本という国に生まれ 育った私は 麻縄を使った緊縛という行為に魅せられました。


麻の縄という道具を選び 先人達の試行錯誤により 考えられ 伝えられた技は 理に叶い素晴らしいものであると思います。ようやくその入り口を覗いたに過ぎない私であろうと思いますが、怪我をさせぬ様 日々の生活の妨げとならぬ様 又、礼節をわきまえ 時と場所を考えて 大好きな麻縄を使わせて頂ければと思っています。


包み込む縄 優しい縄 厳しい縄 綺麗な縄 時に 許さぬ縄 淫らな身体と心を縛り付ける縄 色んな縄があり 其々の縄があってしかるべき 人が人であり 受け手 縛り手 双方の存在意義があり 心の叫びを満たせるもので有れば それで良いのかな? と
そこに伝統芸能の持つような 美しさのテイスト 色香を放つ美しさ 本来の心と身体が出会った美しさ 安心感が滲み出すようであれば、私は、尚 嬉しいと感じます。


綺麗事だけじゃぁすまないし 本能をさらけ出す場所でもあるのが 緊縛でありSM でもしかし、誰もが求める あるがままに 自然なままに 不安や恐れのない 自分は自分である との存在を感じる 居場所であれば…

※ ただプロに縛られようが、アマに縛られようが 「 先ずは安全に 無事帰してネ 」という受け手さんの心は同じ。 そこは、大前提と考えております(^^)



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SM 緊縛 日誌 (193)
緊縛カフェ(お話の場所) (5)
SM・愛用の道具達 (13)
未分類 (0)
つぶやき… (3)

ブロとも一覧


メス豚の飼い方

ブラックダイヤモンド他人棒寝取らせマニア

淫乱婚約者AYAの性育日記

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

あの日の緊縛

私の愉しみと内緒のお話し

アブノーマルなLOVEライフ

SM淫語blog

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。