FC2ブログ

☆麻縄使い☆流れ星☆の緊縛日誌☆

※ M 女子は綺麗に縛ってやりたい。破れかけた心の襞まで… 魂を抱き(いだき)満る様 それが貴女の もう一つの物語となる様な緊縛を僕はして行きたい。欠けた月がやがて満月となり 輝く光で周りを照らせるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 足りないもの その2





多分 消してしまった このblogに 以前書いた記憶もあるのですが




この世界に実際踏み込む方達は、自分も含め心に何処か病みを抱えているもので




抱えているものの大きさと見合う大きさのものが必要となってくるものです。




そうは言えどもこの世界 あくまで現実社会の 非日常。秘められた自分を解放する場所である訳で、日々の生活のマイナスとなるものであっては、本末転倒。
そこは、やはり大人の思慮が必要となるのかと?夢では無く 縄は確かに身体を這っている。











久々シンプルに


image



後手に胸縄のみ 背縄もオールドスタイルで























腰縄さえ縛らず


image























この縄で最小限の縄掛けのみ


image























お解りの方にはお解りと思いますが



image




かなり厳しい 平吊りでございます。























ついこの前まで優しい縄が好きと言ってたこのひとも


image



こうゆう縄を楽しむようになり






















この体勢から



image
























こんな体勢となれば



image















思わず手にするものも決まってくるものです











さて、











》続く…










☆ 足りないもの その1





昔の話、と言うと年齢がばれそうですが、別にそれも大した事ではありません(笑)




なんかですね、正義という名の下に 権利という名の下に マスコミなんか知る権利という言葉 まるで黄門さまの印籠の様な形で使っている事も多いですよね^_^;



勿論、私自身 正義感も持ち合わせいると思っていますし 人の権利というものにも私なりの意見は持っております。



ただですね 知る権利があるならば、知らせ無い権利もある訳で、浮気 という一つの言葉を取ってみても それだけ聞けば いけないものでしょう。それも一方向だけの見方を主張し、他方向の見方には敢えて目をつぶっている。そこに至る経緯を探れば、単に悪と決めつけ マスコミや顔の見えない連中がここぞとばかりに袋叩きに するのも如何なものか? 人は何を笑いの対象にするかで、その人の人格が解る。という事をご存知ないのか?








放って置いてあげれば良いのに。人の不幸は蜜の味 を煽り、金設けの種とし 楽しんでるだけではないのか?と思うわけです。










そう言う意味でも 今の世の中 人に縛られるなんて、普通に生活していればまず有りませんよね? 昔は、イタズラが過ぎ きかない子なんか 親に庭の柿の木に縛られ お仕置きされる事も珍しく無かったし 体育会系のクラブなんかやってると 監督や先輩に鉄拳制裁 ってことも珍しく無かった。制裁する方も拳の痛さを知り、そこには愛情があったと思うのです。
勿論 暴力はいけない。私自身 平和主義者でありこれまでの人生自分から行動する事も無かったのですが、何もかも明らさまとし 例えば 戦争はいけない!という当たり前の言葉を叫ぶ。でもお隣からイキナリ ミサイルが飛んでくれば、言葉でその叫びだけで防げるのか?と いう部分もあったりするのですよね…。











なんか 権利や人権を叫ぶ今のこの国。人は進化するものだし発達するもの でも大事な何かを置き去りにはしたく無いものです。











普通に生活していれば 先ず経験する事のない。人に縛られるという行為。この世界当たり前のように 簀巻きにされてしまいます( ̄ー ̄)


image























それどころか 彼方に転がされたり


image























身体を逆海老に折られたり


image























その上


image



胸と足を繋いだ縄を引っ張られ 放置されたり














当たり前のように苦しいでしょう














おまけに


image



こんな格好で晒され























挙句の果てに


image




両腕をきつく縛られ 半吊りに繋がれる














この図だけを見たら 暴力反対を叫ぶ 知識人達はどんな顔をするのでしょう?











でも これは、大人の男と女の為せる事。怪我をさせてる訳でもないし 心を叩いている訳でもない。











それどころか 心を満たしているのだ。狭間の中で…











》続く…










☆ 黒と白 その3






今回、押し殺すような 忍泣きのような すすり泣く声が聞こえて来たのは空耳であったのか?










やはり、麻縄にはそれ自身の持つ 力 のようなものを改めて感じ










又、縛り手は その力と 己れの持つもの











できる事なら 増幅して伝えたい。ただ単に縛ると言うものでなく













覚めきらない内に


image



起こし起こし もう一縛






















ガチと固めた 腿から下と


image



我が身の重さに耐える肩






















一気に上げずに


image



感じて貰おう






















我が身の業も逆さとなれば


image























見える世界も逆さとなる


image























逆さに沈めば


image



そこは、地の上























心は暫く


image



漂うのだろう?















黒と白、諸刃の刃、逆も又真実成り














image
















殻を破って生まれたものは?















》今回、終了。











☆ 黒と白 その2






今回は、白の長襦袢 白は嫌いじゃなく むしろこの色は必須だよな




という感じでは、あるのですが?










ただ ですね〜 そろそろ 縄は素肌で感じてね と いう部分もありまして









ここは、六尺褌 一丁で( ̄ー ̄)

image


これ ってハレーションって言うのでしたっけ?写真は詳しくありませんので、良く分からないのですが 今日の写真はこんな感じが合ってるみたいです( ̄^ ̄)ゞ






















途中経過

image


上から撮ると 腰への食い込み加減 良い感じです






















実際は

image


骨盤で支えているのですが






















という事で

image


髪の毛縛りから、若干イナバウワー方向へ( ̄ー ̄)






















徐々にキツめの?

image























横吊りの完成です

image


両腿の開き具合 良い感じじゃないでしょうか?














途中 観察しておりますと?










ヤッパリ、布一枚 有るのと無いのでは、反応が変わってくる様子でございますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ










image















お疲れさまでした( ̄^ ̄)ゞ











》続く…










☆ 黒と白 その1





世の中の出来事は、黒と白で成り立っている事が多いようなのですなぁ




例えば人は、幸せな時 この幸せが永遠に続けば良いと誰しも思いますよねぇ



けど、其れが幸せと感じるのも 不幸を知っているから もし不幸を知らず 幸福ばかりの人間が仮にいたとすれば?



他人から見れば その人は確かに幸福だろうと思っても 当の本人は不幸を知らないのですから 比較するものがない訳で 、今自分は幸福な状態と認識出来なかったりするんじゃないでしょうか?











人生とは、生きるとはそうゆう事なんだろうと 不幸を感じる時 それも その大きさに見合った ああ幸福を感じる為の 準備が始まったのかな? と 思えば 又、感じ方も違ってくるのじゃないでしょうか?











さて 今回は、真っ白な長襦袢でございます。

image























ここで、赤縄を使えば、色味は映えるのでしょうが?

image


日本列島も寒気団に包まれているようでも有りますし






















敢えて 色味の無い縄に 白いサラシの褌

image


見てもらい易いよう 思いっきり広げて見ました( ̄ー ̄)






















もうかなり、縄酔いも入っておりますので

image


何時ものよう、腰は崩れておりますが






















こうゆう

image


雄犬が 用を足すような 体勢も 羞恥でありますなぁ〜














常識と いう枠もこの世界変わって来て当然、そもそも人によっても微妙に違う常識という枠 いったい 何処の誰が決めたのでしょう?














ここは、牝は牝らしく腰を突き上げ

image


鳴き声も心配要らぬよう 口には 日本手拭






















さぁ 明るい照明に向けて

image


尻を突き出して貰いましょう














全く無防備ですし 若干効かせた半吊りの元 逃げられませぬ ただただ 受け入れるのみですなぁ…















》続く…










☆ じわじわと その3





今年は、年初に当たり 目標を立てる事も出来、まぁ一般世間で言えば 相変わらず色々と不都合の多い私ではあるのですが、大人をやっていれば皆さん誰しもそれぞれ抱えているもの。隣の庭は青くない。

せめて 好きなこの世界での目標を立て、目指す事が出来る環境がある事は、幸せというものでしょう。

思えば 一昨年末 一人では何も出来ない。という言葉を頂き 置きそうになった縄を 再度持つ決心をし それでもこの世界ありがちな 毎年の様にやって来る不都合にももう慣れました。継続は力なり そんな世界なんだと だからこそ その中で一瞬 光輝くものは、やはりそうは経験出来るものでない貴重な時間なのだと 人として、生き物として 本能に起因する 受け手 縛り手双方が、自分と言うものを認識する あるがままのものであるのだから。

それこそ そこには不都合も予想されると思われるのですが、そんな一瞬の輝き 自分と言うものの認識を 出来れば 一人一人 皆んなで共有出来ないのか? いや出来たらいいのになぁと思う訳なのです。











本日の三縛目

image


V字掛けからの






















胡座縛り

image























胡座転がしは やはり入れとくべき?

image























ここは、力技

image























久々に胡座吊り

image























少し厳しさ 辛さも入って来ました( ̄▽ ̄)

image


でも良い表情に変わって来てます






















そこそこで下ろして上げましょう

image


三縛目ともなればもう














彷徨う世界も違っていると思います。お疲れ様











と 言いたいのですが?











ワンパターンでは如何なものか?














戻らぬ内に

image


こう言う結果と( ̄ー ̄)














ここから下ろすと?














image


こうなるのですなぁ














スレンダーな脚にお似合いです( ̄^ ̄)ゞ














今度は、ユックリと

image















もう 邪魔は致しませぬ














》今回、終了。











☆ じわじわと その2





二縛目は、途中経過が楽と思われる 背面からです。










まぁ 楽が良いのか?どうかは、その方々の目指す所と思いますし ヤッパリ 吊りは吊りです。










彼女とは、まだ 完全に慣れた状況では無く 少しずつ 限界?をさぐっている段階ですし、










ここ最近の私は緩い縄は、最初のうち。出来るだけ張りのある緊縛を行いたい。その為、身体の勉強もしている様な所もあるわけで














とはいえ いつもと少し手順は違いますが 一番慣れた襷掛けから

image























この手順と何時もの手順 合体出来ないものか?あれこれ考え 皆様の緊縛も拝見するのですが、中々難しい^_^;

image


合体出来れば 道理に適うと思うのですが?






















見せる縄の経験少ない私の弱点でもあるのですが、今一切れに乏しいですなぁ

image























受け手さんの頑張りに応える為にも

image


もう少し 小股の切れたと申しますか そんな縄を目指したい




















でも 人間、思わぬ事は出来る筈も無く

image


今年の目標 小股の切れたいい女 みたいな縄と設定させて頂きます。






















ここからは、そうも言っていられず。チョット絞ってみました( ̄▽ ̄)

image























どちらから下ろしましょうか?

image















先ずは、逆海老一本から じわじわソフトランディングで


















腹筋はかなりガチっとしている彼女














下ろした後の

image















余韻は、彼女自身の物 ですなぁ














》続く…










☆ じわじわと その1





年末以来、今回で4回目 前回は、チョット走り過ぎ?










それも内容濃く お互いに、ヘトヘトで御座いました^_^;










おかげさまで、彼女の身体の様子も結構理解出来てきました。











そろそろ じわじわと行かせて頂きたいと( ̄ー ̄)










本日一縛目は鉄砲

image


先ずは、ゆるりと縄掛け






















クルっと回って頂き

image























次に脚と髪を半分だけ

image


結構締まって来ておりますが






















更に同じ方向に半周

image























画像方向もあるのですが

image


じわじわと後半周











良い感じに締まって来ました











半吊りとは言え 結構鬼畜?ですかねぇ?











一縛目なので、この辺で

image


勿論、縄酔い体質もあるのですが











結構、入ってくれています。











ここで、思い出しました。











まだ、未経験と話していた事を










で、いきなり

image


一気にボトッ と











覚めてくれたのか? 逆効果だったのか?











と 言う一縛目で御座います( ̄^ ̄)ゞ











》続く…










☆ 縄々なわ その3





休憩を入れながらとは言え マラソン緊縛も もう五縛となりました。










縛り手の私も少し疲れてきましたが、受け手の彼女はその間 少し 覚めかけては又、入りを繰り返しております。










それそろ体力も尽きてくる頃かと?










まぁ これだけ緊縛に集中するのも 勿論悪いものではありません。










では、最後のひと頑張り










今度は、M字に?

image


と、この体勢 嫌いな男性諸氏は少ないと思われますが














これでは、面白くありません














ここからの

image


横座吊り






















さらに脚を伸ばし

image























今度は 脚を替えて、真っ直ぐのばします

image















改めて画像で見ると 雰囲気出てますよねぇ














ここから、今度は 縄を替え

image























最終 平吊りに持っていきました( ̄ー ̄)

image















ここからさらに も考えられますが? 流石に 五縛目 この辺で終了するのがよろしい様で














下ろした後も もうグッタリと入っております

image















これだけ、縄と戯れますと 堪能しました。と いう気持ちと このまま寝落ちしてしまいたい。と いう気持ちが混在しております;^_^A










何れにしましても これだけ好きな縄を使える幸せと又、応えてくれる受け手さんに 感謝です( ̄^ ̄)ゞ










チョット覚めかけた彼女に聞くと まだ行けそうでしたが?











》今回、終了。











☆ 縄々なわ その2





本日は、休憩を入れながら ユックリ連続しての緊縛です。緊縛マラソン的なσ(^_^;)










資質もあり なわ酔い体質の 受け手さん チョット目覚めて貰いましょう( ̄▽ ̄)










逆効果かもしれないですが?











で、先ず V字掛けから

image
























ブラ縛りとし

image
























閉脚の膝吊りから

image
























逆さにしちゃいました( ̄▽ ̄)

image
















支点は二点となり、言わば 逆海老一本と変わらない。



今までの吊りより結構厳しいと思います。













でも、この脚の雰囲気好きなんですよネ

image















良い感じです。吊られてるって雰囲気が感じられます( ̄ー ̄)



でも まだ慣れない彼女 ズッと腹筋に力が入っていたらしく



さすがに ギブアップです。























勿論、直ぐに降ろし 先ず手首を解放しましたが

image
















完全ダウンなのか?なわ酔い真っ只中なのか?











多分 両方なんだろうかと…














》続く…











«  | HOME |  »

プロフィール

nagareboshi55ipbg

Author:nagareboshi55ipbg

☆麻縄使い☆流れ星☆


SMという行為 緊縛という行為 世界中にあると思ってます。又、良くも悪くもそれが人々の心と本能の根底に響く行為である。と いうことも?

たまたま 農耕民族であり手先が器用で 細やかな心使いの出来る人々が多く 島国であり 村社会という独特な環境が永く続いた 日本という国に生まれ 育った私は 麻縄を使った緊縛という行為に魅せられました。


麻の縄という道具を選び 先人達の試行錯誤により 考えられ 伝えられた技は 理に叶い素晴らしいものであると思います。ようやくその入り口を覗いたに過ぎない私であろうと思いますが、怪我をさせぬ様 日々の生活の妨げとならぬ様 又、礼節をわきまえ 時と場所を考えて 大好きな麻縄を使わせて頂ければと思っています。


包み込む縄 優しい縄 厳しい縄 綺麗な縄 時に 許さぬ縄 淫らな身体と心を縛り付ける縄 色んな縄があり 其々の縄があってしかるべき 人が人であり 受け手 縛り手 双方の存在意義があり 心の叫びを満たせるもので有れば それで良いのかな? と
そこに伝統芸能の持つような 美しさのテイスト 色香を放つ美しさ 本来の心と身体が出会った美しさ 安心感が滲み出すようであれば、私は、尚 嬉しいと感じます。


綺麗事だけじゃぁすまないし 本能をさらけ出す場所でもあるのが 緊縛でありSM でもしかし、誰もが求める あるがままに 自然なままに 不安や恐れのない 自分は自分である との存在を感じる 居場所であれば…

※ ただプロに縛られようが、アマに縛られようが 「 先ずは安全に 無事帰してネ 」という受け手さんの心は同じ。 そこは、大前提と考えております(^^)



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SM 緊縛 日誌 (193)
緊縛カフェ(お話の場所) (5)
SM・愛用の道具達 (13)
未分類 (0)
つぶやき… (3)

ブロとも一覧


メス豚の飼い方

ブラックダイヤモンド他人棒寝取らせマニア

淫乱婚約者AYAの性育日記

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

あの日の緊縛

私の愉しみと内緒のお話し

アブノーマルなLOVEライフ

SM淫語blog

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。